ブログトップ

musica21 part 2

お詫びと訂正

ずっと間違ったまま、そうと思い込んでいて、何かのきっかけでそれが明らかになる事があります。

先日のブログで、zeffiro(東風)と書いてしまいましたが、「西風」の誤りでした。日本人としては、春と言えば「東風(こち)」なので、いつしか頭の中で逆に覚えてしまっていたのですね。恥ずかしい事でした。本日、それを友人が指摘してくれましたので、ここに訂正させて頂きます。

今日は久し振りに、SANA(ソプラノ、アルト、ヴィオラ ダ ガンバ、チェンバロ4人のアンサンブル)の勉強会でした。モンテヴェルディ、シュッツ、シャインの2重唱を思いっきり歌って来ました。
最近不勉強に付き、声はいまいちでありましたが、心身共に活性化した心持ち。矢張り「モンテヴェルディは大天才」なのであります。仙川通りの桜も大層美しく、「春が来た」のを実感したのでしたが、帰る頃には「花冷え」に。

どうぞ皆様お風邪など召されませぬように。
[PR]
# by musicaventuno | 2015-04-01 23:01 | claudia

Zeffiro(西風)

福岡で桜の開花宣言。春が近づいているようです。日本でもイタリアでも、春来の象徴はZeffiro、東風です。先日来、この東風を感じられるようになりましたね。

我家の庭を大改造しました。夏になるとドクダミが猛威をふるうので、熱中症になりそうになりながら「戦って」いたのですが、それももう限界。植木屋さんに相談して、ドクダミを管理しやすい庭にしました。すっかりすっきりとした地面に、そそとした和の花を少しづつ植えて行こうと思っています。あと山椒、クチナシ、ローズマリー、ペパーミント、セージ、茗荷...私らしく食いしん坊ゾーンも。楽しみが増えました。東風よ吹け吹け!

今年の始め、高校の音楽家の学生に、オペラ史の講義をしました。音楽通史の中で、オペラの成立について、より詳しくかつ分かり易く説明してやって欲しい、という音楽史担当の先生からの依頼がありまして。私が話すのですから、当然モンテヴェルディを中心としたオペラの誕生の話が中心に。2時間のうち、1時間をかけてフィレンツェでオペラが誕生して、その後大天才モンテヴェルディのお陰で、今私達が知る「音楽劇」の基礎が作られ、ヴェネツィアで大流行、遂に市民の為の公開歌劇場が作られる所までを。その間40年もかかっていません。大きな変化がもの凄いスピードで起きて行ったのですね。「今私達がオペラを楽しむことが出来るのは、モンテヴェルディがその時生きていたからです。」1時間目の授業をこう締めくくりました。後日生徒達に提出してもらったレポートには皆例外なく、「モンテヴェルディは大天才」と書かれていて、私にんまり。うふ、作戦成功であります。

2時間目は、その後、オペラが各国に渡り、各国語で書かれるようになり、それぞれの国の文化を背景にして多様に変化をして行った。イギリスでは「乞食オペラ」なるものが作られるようになり、それが「今貴女達が大好きな、ミュージカルになって行くのよお、分かった?」で2時間目の超高速オペラ史は締めくくられたのであります。1時間目と2時間目では鈍行電車とリニアモーターカー位
スピードが異なったと思いますが、何しろ講師が私なので、その偏りは仕方ありません?

高校生相手にこういう話をするという事は、種をまいて、水をやり、東風を吹きかけるようなものなのでしょうか。彼女達が日頃、歌っているイタリア歌曲への興味が深まってくれる事を願います。
[PR]
# by musicaventuno | 2015-03-22 10:20 | claudia

雛祭りの日に

ご無沙汰しております。3月に入り、陽射しが力強くなって参りました。暖かかったり、寒かったり、この時期は、体調を崩し易いですよね。かういう私も、昔からこの季節が苦手であります。試験だったり、受験だったり、コンクールだったり、「先生」としては何かと忙しいのにもかかわらず。しかし、今年は風邪も引かず、無事に過ごしております。しばしば腹をたてているからか.......。「」

歌舞伎俳優の坂東三津五郎丈が亡くなられました。2年前中村勘三郎丈が亡くなられた時、歌舞伎界には何と大きな壁が立ちはだかったのだろう、と思いつつも、三津五郎がいれば何とかしてくれる、そう祈りをこめて願った人でした。ああ、歌舞伎界はどうなってしまうのでしょう。

加えて、次々と起こる「とんでもない事」。いったい日本は何処に行くのでしょう。おかしい、変だ、困った、許しがたい、多くの人が多かれ少なかれそう感じているのに、何も変わらない。右にも左にも行き場を失った心地がしています。俳句の季語に「厳凪」というのがあります。厳しい寒さに全ての動きが止まってしまっている、というような意味でしょうか。私達が縮ぢこまっている間に、とんでもない所に我が国が運ばれるのではないかと、「国会中継」を見る度怖くなる日々。(国会中継なんて見なかったのですが)

音楽家としての生活は「平和」です。教えている高校生が初めてコンクールを受け、聞いた事もないような声を出し、それに自分で動揺し、固まってしまい、やっとほぐれた頃にはもうおしまい、となりました。それは至極当たり前の、越えなければならない貴重な一歩です。「皆そうなんだから、落ち込まないでね」というのが、私の役目。コンクールは後のフォローが大切です。私もかつて、先生にこういう思いをさせていたのよね。「何でああなるの、羽鳥さん!!」我恩師はひたすら怖かったですが。

先日はJYD合唱団女子会を開催。5人来訪。いつもはレッスンしてから、大飲み会になるのですが、今年は飲み会のみになりました。でも、話の中心は「音楽」(あれを聞いたこれを聞いたの話ではありませんよ)です。それで多いに盛り上がり、酔えるのがいいなあ。音大出の皆さん、音大を出ただけではこうはならないのですよ。その後常に音楽と共にいなければ。例えばJYDのメンバーは毎週必ず歌う、シュッツ合唱団は時に週3回に練習することも。だから音楽が人生の一部になって行くのです。コンクールの為にレッスンに通い、その為に練習するというのとは異なる世界です。他に仕事を持ちながら、コツコツ歌い続けている方達を心から尊敬するし、応援しなくちゃと思うのです。その姿は私の起爆剤!(大げさでなく)有り難い事だと思っています。

さてしばらくは、声を整えつつ、楽譜の整理をしようと思っています。古いコピー譜が山のようにある。その中には、単なるコピー譜ではない貴重な物もあるかと思うので、全部資源ゴミに出す訳には行きません。「本当に必要な物は何か」と考えながら、整理したいと思っています。誰かに譲る時の事を考えてね。何年もかかるだろうけれど....。
[PR]
# by musicaventuno | 2015-03-03 11:31 | claudia

2月も半ばとなりました。(早!)陽射しに力強さが宿って来てはいるものの、足下には氷が張っており、春は何処也や....。寒いを連呼しつつも、まだ風邪を引かずにおります。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

親友が突然亡くなって、一年が過ぎました。彼女がいない世界というものに、慣れるどころか違和感が増すばかりだよ、命日に呟きました。

そして2月1日は特別な日でした。朝起きたら、後藤さん殺害のニュース。鉛を飲み込んだような気持ちになりました。怒りと無力感。そして夜、Maestro Ciccoliniの訃報。マエストロ チッコリーニについては、このブログで何回かご紹介したと思います。私は3回コンサートを聴くことができました。最初の3つの音で、聴衆の心を別世界に誘う事の出来た、至高のピアニストでした。御年90才。昨年6月に聴いた時には、これからも演奏を聴けるであろう事を、信じて疑わなかったのでしたが。100歳まで弾く、と仰っていたご本人が一番残念に思っていらっしゃうのかもしれません。チッコリーニのいないこの世は、つまらない......彼のコンサートは真にかけがえの無いひと時でありました。合掌。

ひとつ良いニュース。長らく病気で歌が歌えなかった、Aさんが復帰なさいました。相変わらずの美声です。彼女の主催する合唱団の10周年記念のコンサートでお歌いになりたいとの事。精一杯のエールを送ります。私も賛助出演をさせて頂く事にいたしました。「日本語」で歌おうかと思っております。あえて、「日本語」と書かねばならぬのも、良く考えれば変な話ですね?
[PR]
# by musicaventuno | 2015-02-15 11:02 | claudia

繋ぐということ

謹賀新年のご挨拶をしてから、毎日寒い寒いと言っている間に、1月も終わりに近づいて参りました。インフルエンザも流行っているようですが、皆様お元気でいらっしゃいますか?

新年早々すっかりご無沙汰をしてしましましたが、実は何回も「つなぐ」というテーマで書こうとしていたのです。私が育った時代と今とでは、あまりに環境が変わってしまいましたが、それでも次の世代に引き継がなければならない事がある、そんな風に思いまして。

ところが、先日来のイスラム国の事件。事件そものも勿論驚愕でありましたが、政府の対応、さらに世の中の反応を見ているうちに、語るはずの言葉がどんどん消えて行きました。私が思っていた以上に今の日本は大変ひどい事になっているのですね......音楽家として「つなぐ」ものがあるのなら、「戦争をしない国」をつなぐ為にも出来る事をしなければなりません。

17世紀前半、今のドイツを中心にした地域で、「30年戦争」が起きました。当時は傭兵で戦争をしていたそうですが、それでもドイツでは人口の3分の1が失われ、国土が荒れ果てたそうです。H,shutz(シュッツ)はそんな時代に、ドイツ音楽の基礎を作り、比類なき宗教音楽の世界を私達に残してくれました。シュッツの作品は、楽器の編成等小規模の作品が多いのですが、それは戦争で音楽家も失われたからだと。しかしシュッツは決して、作曲をやめませんでした。むしろ戦争の間に、ひ表現する世界は、より深淵になって行きました。

何故か?戦争がしたくてうずうずしている人達が、1日も早く大人しくなる事を願ってやみませんが、一方今の私に戦争で同胞が失われて行く中、音楽や人生や命に対する洞察を深めて行く力があるのだろうか、と問いかけています。

次回は音楽三昧の話ができますように!
[PR]
# by musicaventuno | 2015-01-14 18:05

謹賀新年

皆様 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

ご挨拶が遅れましたのは、年明けからばたばたばた。本日やっと歌い初め致しまして、音楽家としてのスタートが切れました。歌ったのはモンテヴェルディ、シュッツ、シャインの2重唱。私の歌い初めには、誠に相応しいものとなりました。

昨年暮れ、今年最後の、を繰り返しましたが、新年も今日くらいまでは、今年初のをつけても宜しいのかな、と思います。で、歌い初めの後のご報告は、今年初の「ドジ」。これがかなりショッキングでありました。年賀状に手持ちの50円切手を貼って出したものだから、どっと戻って......。そういえば、52円になっていたのよね、と思い出しても既に遅し。元々「ドジ」ですが、新年早々自分で出した年賀状が帰って来たのは初めてであります。とほほ。これが、この1年の予告にならないよう、気をつけるで次第であります。

モンテヴェルディが、「オルフェオ」という音楽劇を書いてくれたお陰で、今私達はオペラを楽しむ事ができます。しかし、そのオペラがその後発展し得たのは、ヴェネツィアという都市の繁栄があったからこそ。ヴェネツィアは一度も戦争をしなかった、稀な都市国家です。ヴェネツィア人は戦争などと言う「無駄」な事に全く興味を持たなかった。そしてもうひとつ、彼らは、権力の集中を嫌いました。権力の世襲を禁じていました。(つまり、おじいさんやお父さんが首相だった人は首相になれないってこと、日本もそうなればいいのに)その結果もたらされた平和と繁栄が、多くの市民が音楽の実りを手にする事を可能にしました。

その事実を、音楽家のひとりとして発信したいと思っています。
[PR]
# by musicaventuno | 2015-01-08 20:38 | claudia

本当に今年最後の

年末の2日間は、関東は穏やかなお天気に恵まれて、お陰様でお掃除をする「気力」が湧きました。

年末の句会で、「年用意」という言葉を覚えました。以前に比べればかなりラフな「年用意」になりましたが、2日間かなり頑張りました。クリスマスプレゼントのぎっくり腰も治ったようで。

今年は年女でしたが、実に実に大変な1年でした。何年かたって、この年を振り返った時、どんな風に見えるのでしょうか。

それでは皆様、今年もこのいつ書かれるか分からない、拙いブログをお読み下さいまして、有り難うございました。来年も引き続き、音楽を中心に(時々歌舞伎と俳句等)書いて行きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

良い年をお迎え下さい。BUON ANNO!
[PR]
# by musicaventuno | 2014-12-31 12:33 | claudia

今年最後の 2

本郷教会のクリスマスコンサート、無事に終わりました。133番のカンタータは楽譜を見た時は、「ぎょぎょぎょ」と難しそうに見えましたが、歌ってみましたら、音楽的にはバッハには珍しく、ストレート直球型アリアでありました。ひとつのフレーズを、同じリズムパターンで3回以上繰り返す、という事は、バッハのアルトアリアにおいては、珍しいのじゃないかと。技術的には難しいので、もっと練習したかったですけれど。長大なブレスを必要としていて、これの成功率が本番前「家では8割」。されど、オケとの練習では一度も成功しなかったなあ。要修行。羽生君を見習いましょう。

その後皆で楽しく打ち上げをやって、良い気分で帰って来たのでありますが、今朝恐らく「今年最後の」ぎっくり腰。ま、疲れがたまっていたのでしょうから、今日は大人しく静かなクリスマスイブにしました。お陰で俳句を作る時間が出来ました。明日は「今年最後の」句会です。最後の駄句や如何!(行けるのかしらん?)
[PR]
# by musicaventuno | 2014-12-24 19:04 | claudia

今年最後の

今年も残すところ、あと2週間を切りました。これからは、何をするにも「今年最後の」になりそうです。

さて、今年最後の演奏会のお知らせ。23日に、西荻本郷教会のクリスマスコンサートで、バッハのカンタータ133番のアルトソロを歌います。そしてクリスマス オラトリオ第6部も。こちらはアルトのソロがないので、合唱を歌います。2006年、シュッツ合唱団のドイツ演奏旅行に同行した際、
あちらの(つまりドイツ人の)合唱団と共に、第1部から第6部まで歌ったことがありました。あの時の合唱体験が、その後バッハを歌う大きな柱となっていますので、今年を締めくくるのにふさわしいかと。

そして、もうひとつ、今年最後の苦言。

もう半年前になりますが、Muti 率いるローマ市立歌劇場の来日公演Verdiの「Simon Boccanegra」を観に行った時の事。

それは本当に素晴らしい時間でした。真っすぐなヴェルディの音楽に引き込まれて、私達観客は、それは美しいフィナーレを迎えたのです。音楽は鳴り止んだ次の瞬間にこそ、その姿が現れるものです。Mutiの指揮棒の動きが止まり、まさに時が止まったかのような、珠玉の瞬間が訪れようとしたその時に、「ぶらぼっ」、汚いだみ声が響き渡りました。(多分BRAVO!と言いたかったんでしょうが)その時の私を含む、殆どの観客の思いを言葉にすると、「んもう!台無し!!」

暫くオペラを観に行っておりませんでしたが、その間に「誰よりも早く、ぶらぼっ、と叫ぶのが、格好いい」と思っている、珍種のオペラファン(??)が出現しておりました。不愉快極まりない。
人は真に感動した時は、「息を吞む」ものでしょう。美しい音楽が流れた後は、必ず「息を吞む」瞬間、時の止る瞬間が訪れるのです。それを「だみ声」で汚すとは何事か。グラグラグラ(腹の煮えたぎった音)

歌舞伎の上演中、役者さんに「音羽屋!」とか「成田屋!」という屋号をかける風習があります。それは、最早歌舞伎上演の一部と言ってよく、そのかけ声で、客席の温度がぐっと上げる役目を負っています。それだけに、そのタイミングには寸分のずれも許されません。かけ声をかけるのは、実は役者だったり、それなりに修行した人(声も含めて)に限られているのです。

昔はこんな事はなかったのになあ。日本の観客は大人しすぎる、という意見もありましたが、控えめでも、本物の感動は必ず伝わるものです。実際、日本の観客のマナーの良さを愛すればこそ、世界中の演奏家が日本を訪れるようになったのだ、という事を忘れてはならないでしょう。このままでは、
オペラに関しては怪しいゾ。

最後にいわずもがなの、今年最後のイタリア語レッスン。BRAVO(ブラーヴオ)は男性単数、BRAVA(ブラーヴァ)は女性単数、BRAVI(ブラーヴィ)は男性複数、BRAVE(ブラーヴェ)は女性複数。そして男女混合の場合は、BRAVI(ブラーヴィ)を使います。
[PR]
# by musicaventuno | 2014-12-18 23:17 | claudia

レクイエムの集い

11月14日、<レクイエムの集い>2014へ。(三鷹市芸術文化センター「風のホール」)

このコンサートでは、予めお願いしておくと、追悼したい方のお名前がプログラムに記載されます。今年私は3名の方を追悼致しました。ただただ、亡き人を思い、音楽に頭も心も委る為に、アカペラ合唱曲程相応しいものはありません。すべてを忘れさせて、別の世界へと導いてくれます。(しかし、これを癒しと言うなかれ)

シュッツ、バッハ、メンデルスゾーン、シュッツ合唱団の演奏は本当に素晴らしいものでした。メンデルスゾーンというと、ピアノ曲が浮かんで来る方が多いかと思いますが、実は彼は偉大なる、宗教音楽を多く残しています。それは充分知っているつもりでしたが、この夜の男声合唱は初めて。改めて、しみじみ「凄い」と思いました。

そして、プログラムの後半は、詩人鈴木ユリイカ氏の長編詩「海のヴァイオリンが聞こえる」に江端伸昭氏が作曲した作品。現在を共に生きる人から生まれる作品を聴く事は、実はあまり多いことではありません。つい追悼の思いを越えて、様々な「アンテナ」が作動してしまいます。

当たり前の事ですが、西洋音楽は西洋系言語の上に作曲されたもの。その西洋音楽に、西洋系言語とは遠い関係の、つまりまるで違う日本語を重ねるとどうなるか。明治時代、日本に西洋音楽が入って来てこの方、多くの作曲家がこの難問と取り組んで来ました。しかし、私の独断によれば、山田耕筰以上に真摯に取り組もうとした作曲家は、未だいないように思います。と、思っていたけれど、もうひとり、江端氏が果敢に取り組んでいました。それがこの先、どういう方向に行くのか、同世代日本人としては、目が離せません。(彼は大学の同級生ですし...)
[PR]
# by musicaventuno | 2014-11-29 21:52 | claudia